あさの実ホームページ イベント情報 活動ブログ こどもえん あさの実 くさの実親子サークル 大人のがっこう きゅうしょく日記

SELECTED ENTRIES

ARCHIVES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

関連リンク



整体的「梅雨の時期の過ごし方」

整体的「梅雨の時期の過ごし方」を抜粋してまとめました。

もう梅雨も半分くらい過ぎていますが
観ていると、けっこう身体を冷やしてしまって過ごしてる方や
アトピーや喘息に悩まされてる親御さんも見受けられました。
こどもえんあさの実では、健康面で大切にしたいことを
整体的な視点から、親御さんに紹介しています。
ぜひ、ご参考になさってくださいね。


 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初夏から梅雨の発汗
真夏の汗はまさに体温調節がメインの汗であるが、この時期(5、6月)の汗は、
真夏に比べると排泄の汗という意味合いが強く、この時期に十分に汗をかいておくと、
毒素の排泄が促進され、その後に来る暑い夏も楽に過ごすことができる。
あれやこれや工夫して食欲を増進させるよりも、
そのまま減食することが夏を身軽に過ごす賢いやり方である。

 
梅雨から夏は肝臓と呼吸器が焦点。解毒を高める汗を出しきって冷やさないこと。
この時期の過ごし方がそれ以降の1年の健康の基礎となる

毒素、農薬や化学物質は汗でしか排泄できない。
秋から冬の間は汗をかくことも少なく、発汗による排泄がお休みの季節となっている。
そのため初夏になって始めに出る汗は、たいていベタベタしていたり、
ニオイがきつかったり、場合によっては黄色っぽい色がついていたりする。
秋冬にため込んでいた老廃物などが、急激に排泄されるからだ。

食欲は減るが、排泄モードになっている時は食欲は減るのが自然なため、
無理に食べる必要はない。


排泄が不十分だと、真夏になって元気が出ない。
また、今のうちから徐々に汗をかける体に変えておかないと、
梅雨明けにいきなり暑くなったときに対応できず、
熱中症などを起こしやすい。


熱めのお風呂にザブッと入って、お風呂上がりに汗を出すのもいい。
ただし、間違っても風呂上がりの体をエアコンや扇風機の風で
冷やしたりしてはいけない。
汗を拭き拭き、自然に汗が引くのを待つ。
「足湯」もオススメ。


サウナは、ちょっとやり過ぎになりやすい。汗といえども、
出せば出すほどよいというものではない。
出し過ぎもまた、体に負担になる。もちろん、運動で汗をかくのも良い。
特にウォーキングなどで下肢を動かすと、
湿気でだるくなった体もリフレッシュされて元気が出てくる。


今の時期こそ「冷え」に注意。
暑くなってきて、布団を剥いだりしているので、長袖長ズボンで寝かせる。
また、寝る時に背中にタオルを1枚挿んでおくとよい。
あとは、「深呼吸して大股で歩く」もいい。
大腿部の裏側の弛みも大切。


いったんかいた汗を冷房などで内攻させてしまうと、
汗でしか排出されない農薬とか食品添加物などの毒が蓄積されて
ガンをつくったりする。

ちなみに、ガンになる人はたいていその数年前から
風邪もひけないからだの鈍感な時期が続く。
風邪を引くことは、からだが自分の力でバランスをとり戻すことなので
症状を薬や注射で抑えるとそのうちからだは弾力を失い、
許容量を超えて破たんし大病に至ってしまう。


◆肝心行氣法
左の手のひらを右肋骨下(肝臓)に、右の手のひらを左胸(心臓)に当て、愉氣をする
(手を当てているところで呼吸を行うつもりになる)。
これにより、くたびれた肝臓が
リフレッシュします。



 

平成26年度の夏期保育 募集中です!

夏も近づいてきました!
幼稚園へ通っているお子さんなど
「夏休み、どうしよう?」とお困りの親御さんもいらっしゃるかもしれません。

そんな親御さんのきもちにお答えするべく
夏でも元氣に身体を動かして、お友達と楽しく過ごせるよう
夏期保育を開催することになりました。

暑いからとクーラーのきいた室内でゲームばかりして過ごしたり
詰めたいものや、甘いものを食べ過ぎて、余計に夏バテになってしまうことも多々あります。
何にも負けない強い心と身体を育てていくためにも
「夏をいかに過ごすか」が重要です。

シンプルな中からでも、常に遊びを見いだす力を持っている子ども達。
こどもえんあさの実での日々は「やりたい!」と思う氣持ちを大切に
自然の中で、心を自由にして過ごします。

デイキャンプや水遊びなど、夏ならではの活動も取り入れつつ
元氣いっぱいの給食を食べ、思いっきり遊びましょう!

元氣な子ども達の笑顔に会えるのを楽しみにしています!


☆ 期間:7月26日(金)〜8月29日(木)までの平日
   ※お盆休み期間8月11日(月)〜17日(日)はお休みになります。

☆ 保育時間:8:30〜17:00

☆ 募集年齢:4歳〜6歳の幼児、7〜8歳くらいの小学校低学年の児童

☆ 費用:1日参加 4,000円(17時まで)/3,500円(15時まで)
  1週間 15,000円(週5日)/13,000円(15時まで)
  全期間 48,000円(週5日,17時まで)/42,000円(週5日,15時まで)
  ※いずれも登録料はなし。給食費込み。その他のご希望日数は、ご相談ください。
  ※人数や状況次第で、閉め切ることがあります。お申し込みやご相談はお早めにどうぞ。


☆ 夏期保育お申し込み方法

  保護者の方のお名前:
  お子さんのお名前:
  年齢: 満◯歳 ◯ヶ月
  ご希望の日程
  
  ご住所:
  お電話番号(携帯など普段連絡がつきやすい番号):
  メール:


  以上の内容をメール、またはファックスでお申し込みください。
  
  
  こどもえんあさの実 担当:三好まで
  メール: mail☆asanomi.info
      FAX :  087-876-4320(ルナティカナパ内)
  
  ※お気軽にお問い合わせください♪






  


 

仲間(スタッフ)を募集しています

「自然保育で経験してきたことを活かしたい。」

「自然保育を経験して、子どもだけでなく自分自身のこともこれから育てていきたい。」

「自然の中で、未来の子ども達のための場を創っていきたい。」

「未来の子どもたちが活き活きと過ごし、元気に育つような生きた保育をしたい。」


そんな気持ちの方がいらしたら、こちらへご連絡ください。


現在「こどもえん あさの実」では

保育士及び保育スタッフ、運営スタッフなど、共に活動できる仲間を募集しています。
 

⑴ 運営スタッフ 1名(6月頃から)

⑵ 保育士 1名

⑶ ヘルプの保育スタッフ(1〜2名)

⑷ 給食調理スタッフ

⑸ 保育研修生

⑹ ボランティアスタッフ
 

週の中で数日間の勤務や、1日数時間の勤務など

シフトをスタッフ内で相談し合って決めたいと思っています。

女性でも男性でも、大歓迎です♪ 年齢も問いません。

西日本へ移住をお考えの方も、ぜひご検討ください。
家探しなども、協力させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

ご希望の方はメール連絡をいただいた後、履歴書をご送付の上

面接日を設けたいと思っています。

 


 


田園風景広がる香川県綾川町で

今年度4月から始まる『あさの実』は、いよいよ第1期生を迎えます♪

スタートから関わっていくことができるのは

貴重な経験になることと思います。


認可外だからこそできる

子ども達のとっておきの場を

いっしょに創っていきませんか。


ピンと来た方は、ぜひご連絡ください。

shizen.kyouiku☆gmail.com(☆を@に変えて送信してください。)

070-5682-6281(三好宛)


すてきな仲間との出会いを

スタッフ一同心より楽しみにしております。


















 

池川明先生の講演会ご報告

先日は松見歯科さん主催で、池川明先生の講演会〜胎内記憶のメッセージ〜
に参加してきました!
心洗われるようないい話で、感動的でした。
私が出来る範囲で聴きながら書き留めた内容をご紹介しますね。


始めに、松見歯科の院長先生より
歯と子どもの成長の話。
噛むことの大切さ、顎の成長の話、食べ物のこと。健康のこと。
数ヶ月で、全然子どもの顔が変わって、美男美女になった
ビフォーアフターの写真で「おおおー」と歓声が。
目がキリリとして、顔がシュッとして、締まった口元。
肥満だった子が痩せてスッキリして、すてきなお兄さんお姉さんに変身♪
アトピー性皮膚炎や喘息、ADHDなど良くなって治っていくなど、
様々な変化があるのを実例を見て、目からウロコ!みたいな話でした!

30分くらい話した後は池川先生のお話が始まりました。




「お腹の赤ちゃんはよく聴いている。
水の中にいるから、よく伝わる。(空気だったら、音は遮断される)
水は波動を伝えることができる。
胃の中にマイクを入れても外の音は聴こえないが、子宮の中にマイクを入れたら良く聴こえる。」


鼻歌を歌った時の録音も聴かせてくださいましたが、たしかによく聴こえました。
「これでこんなに聴こえるのに、怒ったり、喧嘩した時の声はどのくらいで聴こえるでしょうね?」
という質問に、お腹の赤ちゃんにとっては、とても辛いだろうなと思いました。


母と赤ちゃんの感情は一体化している。
お母さんが泣いた時、泣いてるのはお母さんではなく実は赤ちゃんが泣いていたりする。

ママの幸せ=赤ちゃんの幸せ
ママが辛い=赤ちゃんも辛い

お母さんが、赤ちゃんの気持ちを分かってあげること、すくなくとも
分かってあげようとすることが大切。

泣いても、抱っこされず、放っておかれる赤ちゃんがいる。
訴えているのにわかってくれない。→怒りになる→あきらめる(心を閉ざす)

昭和39年ころから母子手帳と一緒に
赤ちゃんの育て方として「自立して育つためにも抱っこしないようにしましょう」という国からの指導があった。
「抱き癖がつくからやめましょう。」と。
それまでの日本は、誰かしらに抱っこされて、赤ちゃんをみんなで育てていた。
いつでも笑っていて、元気に子ども達が育っているようで
海外から来た人は、日本の子ども達を見て驚くのだそう。


世の中では昭和39年以降生まれの中学生くらいから
校内暴力などが目立つようになってきた。今の27歳〜47歳くらいです。


そういえば
スクールウォーズや積み木崩しなど(古い!?覚えてる方いますか?笑)、
昭和49年生まれの私は小学校くらいからそういったドラマはありましたね。
非行なんかも私くらいの年代が小学校くらいから(幼児の時は記憶にありませんが)
聴くようになったような気がします。


お父さんとの距離がいまだに埋められない。というのがある。
胎児の時からお父さんが話しかけたりすることで、赤ちゃんに泣かれない。
絆を作ることができる。

そのようにお腹にいる時から
話しかけられて、コミュニケーションをとってきた子は
松見先生がおっしゃられていたように顔が「き・り・り」としています。
みなさん、赤ちゃんてふんわり〜としていて、ぼーっとしていて、、そういうイメージあるかもしれませんが
きりり(凛)とした赤ちゃんは、
好き、嫌いがはっきりしていて、自分で何が欲しいか、気分がいいか悪いかなど
よく分かるし、お母さんに伝えようとします。




胎内記憶の話
空から選んで来た。
選んだ理由
No.1「優しそう」
優しそうと思って生まれて来たのに、騙された!なんてこともあるらしいです(笑)。
No.2は「つらそう」「悲しそう」
「ぼくが生まれたら笑ってくれるんだ!」「ママを元気づけたいから生まれてきた。」という子もいるのだそう。

3歳から自我「自分がやるー!」壁を乗り越えていく。

愛されない子は生きる力がないと思い込む。
「悪い子ね!」と怒るお母さんがいるけれど
本当は「私にとって都合が悪い。」という意味。「でも、あなたの子は好き」と言ってあげてください。
「お母さん、あなたがいて幸せ♡」と言ってあげてください。


退行催眠で聞いてみると、人生いや!って思ってる子もたまにいる。
生まれたくないのに生まれてきた子は2000人中6人だったそう。
でも、「親を助けたいから生まれて来た」という子が多い。

風邪を引く→ママが優しくなる
治るとママはいつものようにかまってくれなくなる。
するとまた風邪を引く。→優しくなる。
治るとまたママが冷たくなる。
そしてどんどん重い病気になっていく。
ママも子どもの病気に疲れて、だんだんイライラしていく。
悪循環になる。




子どもは死を怖くない。
降りてくる時は光輝いていて、死んだ後はもっと輝いて帰っていく。
でも、くすんで帰っていく人もいるが、それはまだマシな方で
帰れない人もいる。(地縛霊)

死が怖い人ほど生にしがみつく。

臨死体験で共通してるのは、
死んだ時に閻魔様のような存在がいて(でも鬼のような怖い顔はしていないそう)
2つの質問をされるそうです。
/佑量鬚卜ったか?(人徳)
⊃誉験擇靴ったか?(幸せ)
ふたつとも「ハイ」と答えられない人は、どうやらアトラクションがあって
クリアしてから光の方へ戻れるらしい。

「全うに生きる」今、生きていることそのもの。



胎児の時から輸氣をして、話しかけてきた子どもは
好き嫌いや、自分の要求をはっきり伝える。よく感じ、表現する。ということ、
そして、潜在意識で意識を向けるために病気になったり

又は怒られるようなことをしたりする。怒られると一番意識が集中するので
それで氣を満たそうとする。ということも。
池川先生がお話されていたことは、野口整体でもほとんど共通しているなぁと思いました。
それに、まさに「生を全うすること」=『全生』ということも書かれています。


何も人のためにできていないと想うことはなく、
本当は、生きているだけで、意外と人の役に立っているんですよ。と。

ある子が自転車で走ってきた子とぶつかって
自転車の子は、たくさん乗せてた荷物が落ちてしまった。
ぶつかった子は、荷物を拾うのを手伝ってあげた。
ただ、拾ってあげた。それだけなんだけれど、
実はその子は、その時自殺をしようとしていて、
死んだ後のことを考えて学校にある荷物は引き上げておこうと
取りにいった帰りだった。
その後、荷物を拾ってくれた子は、「うちに来ない?」と誘ってくれ
ひとしきり、ゲームをしたり、おやつをたべたり、一緒に遊んで過ごしたらしい。
そうしたら、自殺しようとしてた子も、気持ちがすっきりして
親切にしてもらった経験から「人っていいものだな」と心が暖かくなり自殺をやめた。
そんな話がある。
その人の在り方次第で、いろいろな行動の選択をする。
その時も、人によっては「何をぶつかってんだ!あぶないぞ!」と怒って、その場を立ち去ってしまうこともできた。
でも、その子はわざわざ徳を積もうとか、いいことをしようとか、助けようとおもっていないけど
その子の在り方であって、自然と「拾ってあげて」自然と「いっしょに遊んだ」。無意識で人を助けていたりする。


最近の子は
「宇宙から来た」という
何しに来たの?と聞くと「地球を救いに来た」と言うらしい。


(↑胎児との会話の話かな?)

子どもによっては、地球経験が少ない子がいて
行動がちょっと人と違うことがある。
発達障害と言われるような子も、宇宙から来ていて地球に生まれた経験が初めてという子だったりするとか。

人生を変えられないと思っている人もいるかもしれないけれど
変えられる。

口をききたくないくらい嫌いなやつ=魂レベルでの仲良し、ということも。

人生では色々な人に合うけれど、意味がある。
それぞれの進むべき目的へ向かって生きているから
他の方へ行ってしまいそうになっても、軌道修正のような感じで
嫌な人の役として出会って
経験し気づき、成長しながら、本来進むべき方へ進んでいく。

(↑正確に池川先生の言葉をそのまま書けてないかもしれないけれど、こんなような内容でした。)


書き留められなかったこともたくさんありますが
なんといっても
先生のお人柄がすてき!
柔らかくて、にこにこしていて子どものようです。
そして、どんな話をする時も優しく人を受け入れるような器のある方でした。

会場は子ども達でいっぱいで
いい雰囲気だったのも良かったです。
池川先生が話してる時も、壇上に小さな子が上がって、トコトコ歩いていったり
ハイハイする子がいたり、走り回る子がいたり。



池川先生は日帰り。
終わった後、帰りに讃岐うどんを
松見歯科の先生やスタッフのみなさんと食べてから
お見送りしました。


本当にすてきな時間、ありがとうございました!










 

講演会「池川明先生&玄米先生のハッピートークライブ」のお知らせ

こんにちは。

オススメの講演会のお知らせです。

12月22日(日)にアイレックスにて
胎内記憶の本で有名な池川明先生の講演会があります。

私が歯でも大変お世話になっている松見歯科さんの企画です。
松見歯科さんのおかげでチョコレートなどをはじめお砂糖関係をほとんど食べなくなって
より一層体調がいいのを実感中。
その上、池川先生は葉山に住んでいた時、花音を妊娠中に
何度かお世話になっていまして
お二人ともご縁のある方々♪

なので、
ぜひこのブログでご紹介させていただきたいと思いました
お時間ご都合つきそうなかた、ぜひ行ってみてはいかがでしょう?
以下ご確認くださいませ〜。

私の方でも前売りチケットを預かっていますので
ご希望の方は私(三好)か、松見歯科さんにご連絡くださいね。

070-5682-6281 又は
shizen.kyouiku☆gmail.com(三好宛)(☆を@に変えて送信してください)

三好恵子


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


〜知っていますか?

「胎内記憶」

ベビーが教えてくれた

ママのおなかの中にいた時のこと。

いのちの尊さを、改めて感じるひととき・・・。〜

「池川明先生&玄米先生のハッピートークライブ」
 

パパとママに伝えたいことがあるんだ!

障害をもって生まれて来たことも

生まれる前にさよならしたことも。

ぜんぶ決めてきたことなんだ。

生まれてからの、うれしいこと、悲しいこと。

どんなことがあったとしても

ぜんぶわかっていることなんだ。

パパとママを選んでやってきたこと

それがすべてたよ。

それだけで、とてもHAPPYなことなんだよ。

 

日時 : 12月22日(日) 13時開場 13時半開演 16時質疑応答

場所 : 丸亀アイレックス 小ホール

     丸亀市綾歌郡綾川町栗熊西1680

入場料 : 大人2000円(当日2500円)※高校生以上

      小人1000円(当日1500円)※小学生〜中学生

※託児はありませんが、親子スペースにて聴講いただけます。座布団をご持参ください。

前売りチケットのお申し込みは松見歯科診療所まで

電話 087−881−2323(日・月以外)

   高松市香西西町7


『講師プロフィール』

池川明(池川クリニック院長)

1954年東京都生まれ。

帝京大学医学部大学院卒。医学博士。

上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年横浜市に産婦人科の池川クリニックを開設。

年間約100件の出産を扱い現在に至る。2001年9月、全国の保険医で構成する保団連医療研究集会で『胎内記憶』について発表し、それが新聞で紹介され話題となる。現在、お産を通して、豊かな人生を送ることができるようになることを目指している。


松見哲雄(松見歯科診療所院長)

1950年生まれ。日本大学歯学部卒業後歯科医となり勤務医を2年程経て家業をを継ぐ。

食生活の改善で生活習慣病やアレルギーなどが治癒することを確信、食養の方向へと進む。

口の中を通して全身の疾病の改善・治癒を目指す。今回、顎の成長不具合・口呼吸の問題と

リカバリー法についてお話いたします。


第2回目のあさの実体験会と説明会 ご報告

11月30日(土)
2回目のあさの実体験会&説明会がありました。

まずはみんなで
簡単に自己紹介♪




この場所で昔
鋳型工場を経営してきた三好家の長老ツトム大叔父さまが
退院してちょうど帰ってきて、
みんなでお出迎え!
にぎやかで嬉しそうした。




絵本を読んで、
ぽこぽこ体操をして
さあ 出発♪
いい天気〜〜ぃ





せんだんの実を見つけたよ♪


ぼくももらった〜〜♪


自然農の田所さんが遊びにきてくださり
実をとって、みんなに配ってくださいました☆


あ!赤い実も発見♪ クリスマスリースにもなりそうね。


ぐんぐん進んでいくと、
「べえええええ!」ヤギの声。
リンちゃんと子やぎのサランが、草を食べてたよ♪
サランをみんなでなでなで〜〜


初めて見るヤギに
子ども達も大興奮☆



ふしの木の実。
口に入れたらすっぱい。わーい。食べれるんだ〜〜。おいしいね。





おとうさんも「もっと取ってあげるよ。」って張り切ってとっていました。


どんぐりも!!!♡
ヤギがこわくて泣いていた花音も、どんぐりで泣き止みました。


チョコレートのどろんこ水たまりに入りたい〜〜〜♡


「これは、イタドリだよー。大きくなると杖になるんだ」「へーーー!こんなに太いの?」


ここは宝の山だ〜〜。たのしいことがいっぱいでした♪


ほうら、チョコレートだぁ!



みんなたのしかったね。



なぜか道路で充電中。。!? いい天気できもちよかったのかな。(笑)




肩車で高いとこの柿をとるぞ〜〜〜♡




木登りしたらたくさん穫れるよ〜



三好家家族写真。。。(笑)
おじさま退院おめでとうございます。



みんなでおいしい給食♪
大家族!


今日のご飯は
・ご飯(五分つき)
・小松菜とおあげの炒め物
・カブのぬか漬けサラダ
・冬野菜のみそ汁
・おやつはキャロブのお団子


「じぶんでいれたい〜♪」



おいしく食べ終わったら
ダンスタイム♪


みんなで音楽に合わせて汽車ぽっぽ!


ぐるぐるまわった〜!



ダンスの後は説明会。
その間に
おやつのおだんごをつくりました。
花音とそうたがお手伝いしてくれました。




説明会が終わったあとの写真。
今回は体験会もあったのと
大人数が参加してくださったので、スタッフもがんばりました!
充実したいい時間。
来て下さったみなさま、
そして仲間達、本当にありがとうございました。



最後に残っていたみんなで
記念写真♪
みんないい顔してる〜〜♡



 

自然の恵み。おやつの試作。



あさの実の保育スタッフでもあり、給食担当のようこちゃんが
干し芋と干しイチジクを作ってきてくれました。

干し芋

干しいちじく


太陽のエネルギー、ほんとうにいっぱいつまってて
やさしい甘さ♡

季節のおやつは最高ですね。
これは試作ですけれど、来年の秋のおやつレシピに加わりそうです。
まだ先の話ですが。。(笑)





 

13の月の暦とは?

 

13の月の暦とは?


自然のリズムと調和した暦を使っていた古代マヤの暦をもとに

ホゼ・アグエイアス博士によって出来た暦が13の月の暦です。

現在のグレゴリオ暦(西暦)でいう7月26日が一年の始まりで、

1ヶ月が7日×4週間=28日、

28日をひと月とすると、ちょうど13ヶ月+1日で1年間365日になります。

この暦を使用することで、より自然と調和していくと言われています。

日本でも昔は太陽太陰歴という太陽と月のリズムを感じ、

農と共にある旧暦を使用していました。

グレゴリオ暦(西暦)を使うようになったのは実は最近です。


13の月の暦を使うというのは、私たちにとっては新しい試みではありますが

西暦の7月26日を1月1日として、

こどもえんあさの実をスタートいたします。

(西暦は併用することになりますが、毎月のカレンダーを共有する予定です。)


一緒に学びながら使ってみて

体感していけたらと思います。







| 1/1PAGES |